認定看護師 転職

仕事の効率を優先させると患者さんへの対応が疎かになる事が多いですよね。でも仕事を効率的に終わらせないと、沢山の患者さんに迷惑をかける事になります。そのあたりのバランスって難しいですよね。

一日中鳴り止まないナースコールに対して、ちょっと待ってくださいね、という言葉を、
数えきれないくらいに発しています。
病棟で働いていると、とにかく一日中業務に追われてしまいます。
スタッフが不足しているのもその理由の一つなんですが、ナースコールの対応が、業務を大変にしているんです。
ナースコールは、体調不良などで看護師を必要としている時に鳴らすものです。
通常の業務をこなしていながら、ナースコールの対応をするのは、かなり大変です。
でも、ナースコールを鳴らすのは、必ずしも緊急な事態というではないんです。(ー_ー)
売店への買い物を頼みたいとか、カップラーメンのお湯を入れて欲しいとか、
体調に関係ない事を看護師にして貰いたい為に鳴らす事が沢山あるんです。
忙しく走り回っている私達にとってみれば、そのような事を言われると、後にして下さいと思ってしまいます。
そうすると、患者さんは自分の要求が受け入れて貰えなかった事で不機嫌になってしまいます。(>_<)

 

不自由が強いられる入院生活の中で、少しでも患者さんの要望に対応したいと思っています。
でも、患者さんの要望全てに答えていると、業務が疎かになってしまうんです。
業務が疎かになってしまうという事は、沢山の患者さんに支障をきたしてしまう事になるんです。
入院している患者さんは沢山いますし、それぞれに状態が異なりますから、
一人一人に合わせた対応を取るのはとても大変なんです。
看護助手やボランティアが充実しているような職場であれば、患者さんの要望に100%近く応じる事ができるかもしれません。
でも、業務改革が必要になりますから、なかなか簡単にいかないのが実状です。
患者さんの希望に答えたい、でも業務をこなさなければいけない、その葛藤の毎日です。(ー_ー”)